就業規則

  • HOME »
  • 就業規則

就業規則その他諸規程の作成・改定

 

就業規則とは

 

 就業規則とは、労働者が職務に服する上で遵守すべき規律や画一的に適用される労働条件について具体的に細かく定めたルールブックです。労働条件を規定するものには他にも労働契約や労働協約がありますが、これらとの決定的な違いは、使用者が労働者代表等の意見を聴取することのみで一方的に作成又は変更できるという点が挙げられます。

 

  ただし、労働基準法第89条において、

 常時10人以上の労働者を使用する使用者は、一定の事項について就業規則を作成し、行政官庁(=所轄労働基準監督署長)に届け出なければならない。一定の事項の変更した場合においても、同様とする(※)。

 と規定されているため、これに該当する事業主にとっては就業規則の作成又は変更及び届出は義務であり、違反すると30万円以下の罰金を科される場合もあります。

 

※「常時10人以上」には、常態として雇用されていれば、正社員である か否かを問わず、いわゆる契約社員、アルバイト、パート、嘱託社員等も含めます。また、この適用は「事業場」単位となっており、いわゆる経営上一体をなす工場、支店等を総合した企業全体を指すものではなく、原則として、各支店や営業所ごとに就業規則の作成及び届出の義務があるかを判断することとなります。

 

 

お気軽にお問い合わせください! TEL 03-3706-0236 営業時間10:00‐19:00(土日祝除く)

PAGETOP
Copyright © コズミック労務行政事務所 All Rights Reserved.