厚生労働省の外郭団体である公益財団法人産業雇用安定センターの主催により、『人材のスマートマッチングを考える』と題して、昨今の生産年齢人口の減少に伴う深刻な人手不足解消のために中高年や女性の労働力の活用を図るべく、“多様で柔軟な働き方を推進する”という意味での働き方改革を考えるシンポジウムが開催されます。

 

 東京と大阪において下記の日程等により開催され、いずれも参加費は無料となっております(<注>申込締切はいずれも先着順となっております)。

【東京】TOKYO

日程:2018年2月7日(水)

時間:13:30-16:45(受付開始13:00)

場所:日経ホール

東京都千代田区大手町1-3-7日経ビル

【大阪】OSAKA

日程:2018年2月27日(火)

時間:13:00-16:15(受付開始12:30)

場所:梅田クリスタルホール

大阪市北区中崎西2-4-12梅田センタービル

 

 とりわけ深刻な人手不足の影響を受けることが予想される中小企業様におかれましては、多様な人材が働きやすい職場環境の構築に解決方法を求める場合の重要なヒントが得られるかもしれません。

 この機会にぜひ本シンポジウムへの参加をご検討ください!

 

◎お問い合わせ先

公益財団法人 産業雇用安定センター

日経BP読者サービスセンター セミナー係

TEL:03-5696-1111 FAX:03-5696-1139

(土日祝除く9:00-17:00対応)