全国社会保険労務士会連合会を通して、厚生労働省労働基準局労働条件政策課より「サブロク協定をご存知ですか?」と題するリーフレットの周知要請がありました。

(↑↑上記リンクから掲載ページをご覧いただけます。)

 

 サブロク協定(=「36協定」)とは、労働基準法“36条”に基づき、1日8時間・週40時間(法定労働時間<原則>)を超えて従業員を労働させる場合または毎週少なくとも1回あるいは4週間を通じて4日以上与えなければならないとされる休日(法定休日)において労働させる場合に必要となる労使協定のことをいい、管轄の労働基準監督署への届出によりその効力を生じます。

 

 この点、36協定は、使用者が法定労働時間や法定休日に従業員を労働させることについて、労働基準法違反としての刑事罰を免れる効力(=「免罰的効力」)が生じるというものであり、民事上の雇用関係に基づく服務命令としてこれが認められるかどうかは、あくまでも対象となる従業員の雇用契約書や就業規則の規定に基づいて判断されることとなりますので注意が必要です。

 

 なお、ご不明な点がございましたら、私ども社会保険労務士や最寄りの労働基準監督署までお気軽にご相談ください!

 

 折しも、政府が推進する一億総活躍社会の実現に向けた「働き方改革」の目玉施策である長時間労働の是正等の取り組みが推進される中、改めて現行の労働時間管理の基本的なルールについて見直してみることも大変意義深いと思います。